みんなには内緒だが、うちの会社は週休三日制を敷いている。

土日プラス平日にひとつ休みを取る。

この制度の主目的は、「社会的にエース級の戦力だけど、激務に潰されて心を壊してしまったひと」や、「一騎当千だが、結婚出産などで会社との折り合いにストレスを感じている人」の居場所を作れたらいいなという自分含めたラッセル怠惰への讃歌読書会メンバーで構成された経営陣によるものだ。

うちみたいなベンチャーは、そういうところを工夫しないと人材の囲い込み戦略で負けてしまうし。みたいなささやかな裏目的もある。こんな工夫だけで意外とやばい人材が集まる。

という話を、こっそり知り合いにすることがある。すると決まってこう言われる。

「週三日休みって生産性はどうなるのさ?」とか「平日休みと抜けられない打ち合わせが被ったらどうするの?」とかそういうものだ。

だいたいは、そこが問題なんですよねと軽く切り返した後に早くもストーブを出した話とか、ヒトカラで黙々と精密採点DXをやる楽しい休日の話にスライドするのだが、実は回答はある。

・週休三日と生産性の両立問題

通常二十営業日/月でこなす仕事を十六営業日でクリア出来ない人材はそもそも採用していないので、問題はない。ほとんどのメンバーは十営業日未満でクリアしている。

・打ち合わせや、電話対応と平日休みの被り問題

まず、自分しか仕事内容が分からない状態が発生した時点で、チームワークの著しい欠如と見做して評価が下がる方針がある。どんな職務内容でも、仕事のメールであれば自分以外の誰ひとりにも見られたくないメールなど有り得ない。

うちの会社に限らず、自分が急死しても仕事が止まらない体制を志向していない人材は論外だ。そこから派生して、関連性の薄いプロジェクトのCCメールを鬱陶しいと言ってしまう人材も方針上NGだ。彼らはチームワークの本質を理解していない。細やかな相互マネジメントで管理コストの削減は全メンバーの必須業務だ。

そういった方針に従えば、「休日取引先から個人携帯に連絡が来る」「打ち合わせに自分が行くしかない」状態がそもそも発生しないことになる。問題ではない。

“朝の会議でベネッセ絡みの情報流出案件が出て、社内ネット担当が呼ばれ「ウチは大丈夫?」と聞かれ、「あれはコストを削って外注したSEにDBのアクセス権がある社内PCを貸与しなきゃ回らない仕事を出したのが原因。セキュリティというより福利厚生か経営案件」と言ってて拍手しそうになった。”
“賢治は熱心な音楽好きであり、暇を見つけてはレコードを買っていた。賢治が頻繁にレコードを買っていくため、地方の店の割に新譜レコードが多く売れるとして、行きつけの楽器店がイギリスに本社を置くポリドール・レコードから感謝状を贈られたという”
宮沢賢治 - Wikipedia (via sandman-kk) (via fyfyfy) (via objetnonaviable) (via takaakik) (via forzando) (via nemoi) (via okonomiyaki) (via jinakanishi) (via gkojay) (via gkojax) (via fujihajime) (via k32ru)

6 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :sage :2013/07/17(水) 02:33:07.76 0
ノルウェーも捕鯨国家なのにな

16 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :2013/07/17(水) 02:54:27.16 O
»6
ノルウェーは
『ノルウェー海軍がグリーンピースの乞食船にブチ切れて、
捕鯨船にこれ以上接近すると射撃するぞと警告したがゆうに20kmは離れてたので
「打てるもんなら撃てや!田舎海軍なんぼのもんじゃ焼き!」
してタカをくくってガン無視して更に接近したら、正確無比なレーダー射撃で至近距離に
76mm砲弾がバンバン叩き込まれ
「本気で頭おかしい国は相手にしたくないから見逃してやる」と、捨て台詞を残した事件』以来、
グリーンピースはノルウェーの捕鯨船には手を出してない